沖縄県の織物、紅型、漆芸、木工芸等の工芸事業者を支援する業務を行っています。工芸に関する基本的な事柄をはじめとし、より専門的な情報と知識に基づき以下の内容を実施しています。

調査・研究による情報の蓄積

沖縄県の工芸品に関すること、特に伝統染織品や木漆製品に関する技術的な事柄に対応しています。当センターより適した対応先がある場合は、これらの情報提供、マッチングも行います。

技術相談、指導等の実施

新しい工芸製品開発すること、また工芸を活かしたその他の取り組みを支援します。技術講習会の開催や個別の技術指導のほか、展示会開催による情報発信等を行っています。

依頼試験、施設利用の対応

 染織製品の耐摩擦性、耐光性などの性能評価試験を依頼により行います。また当センターの技術研修修了者などを対象とした施設使用などの支援を行っています。