カテゴリ:工芸技術研修



工芸技術研修 · 2021/03/24
「高度工芸研修 成果報告展」でも展示していた こちらの3種類のランプは、 工芸コラボレーション作品として制作されました。
工芸技術研修 · 2021/03/24
 3月16日~18日の3日間、「高度工芸研修 成果報告展」を所内で開催しました。 今回の成果報告展は感染症対策のため、研修関係者及び次年度研修生を対象に《事前予約制》での実施となりました。...
工芸技術研修 · 2020/11/27
 今回は、漆芸研修の様子をお伝えします。 特別講習として、外部から講師をお招きし、「沈金」(ちんきん)の講習を行いました! 「沈金」は、沖縄の漆器によく使われ、線を彫って金粉または金箔を埋めて 模様を浮きだたせる技法です。
工芸技術研修 · 2020/10/29
 4月からスタートした高度工芸技術者養成研修「織物」「紅型」「漆芸」「木工芸」の4科は、半年を経過し研修期間の中間地点に到達。 これまでに制作した作品を展示し研修経過を報告する『工芸研修 中間報告会』が 10月8日(木)9日(金)の2日間 開催されました。
工芸技術研修 · 2019/11/06
 9月からスタートした工金細工研修。現在は自主制作課題に取り組んでいます。
工芸技術研修 · 2019/10/23
 4月からスタートした高度工芸技術者養成研修「織物」「紅型」「漆芸」「木工芸」の4科は、半年を経過し研修期間の中間地点に到達。これまでに制作した作品を展示し研修経過を報告する『工芸研修 中間報告会』が 10月10日(木)11日(金)の2日間 開催されました。
工芸技術研修 · 2019/10/02
 9月からスタートした工芸縫製研修では、手縫い工程での名刺入れを製作しています。
2019/09/18
 先週木曜日(9月12日)に、螺鈿(らでん)の講習を行いました。螺鈿とは、薄くした貝を貼って仕上げる加飾の技法です。
2019/09/18
 現在取り組んでいる課題は、「経緯絣(たてよこかすり)」。絣とは、糸を染め分けて文様を出す技法です。沖縄の織物産地でよく使われている技法ですが、近年では技術者の減少が課題となっています。
工芸技術研修 · 2019/09/12
 木材を墨つけ、製材をしています。今回はやんばる(本島北部)で購入した琉球松、クスノキを使用します。この”木取り”は、材の善し悪し判断、適材適所の決定、無駄なく材をとる割付など、最初の重要な工程です。