感性事業の募集について

沖縄の樹木・木材

リュウキュウマツ:方言名マーチ、マツ

首里の誇る伝統工芸のひとつ金細工。銀を素材に作られる美しい装飾品の数々は、時代を超えて多くの人々に親しまれています。 尚眞王時代(1509年)、琉球王府の命により唐に留学、飾り職の技を修めた初代から代々受け継がれてきたまたよしの金細工(かんぜーく)。琉球王府御用達職人として、筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)の位を持っていたまたよしをはじめ、多くの金細工職人が守礼門近くで工房を構えていたと言われています。

筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)の位を持っていたまたよしをはじめ、多くの金細工職人が守礼門近くで工房を構えていたと言われています。

 

 

 

気候と植生

リュウキュウマツ:方言名マーチ、マツ

首里の誇る伝統工芸のひとつ金細工。銀を素材に作られる美しい装飾品の数々は、時代を超えて多くの人々に親しまれています。 尚眞王時代(1509年)、琉球王府の命により唐に留学、飾り職の技を修めた初代から代々受け継がれてきたまたよしの金細工(かんぜーく)。琉球王府御用達職人として、筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)の位を持っていたまたよしをはじめ、多くの金細工職人が守礼門近くで工房を構えていたと言われています。

筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)の位を持っていたまたよしをはじめ、多くの金細工職人が守礼門近くで工房を構えていたと言われています。

 

 

 

所有する主な資料

リュウキュウマツ:方言名マーチ、マツ

首里の誇る伝統工芸のひとつ金細工。銀を素材に作られる美しい装飾品の数々は、時代を超えて多くの人々に親しまれています。 尚眞王時代(1509年)、琉球王府の命により唐に留学、飾り職の技を修めた初代から代々受け継がれてきたまたよしの金細工(かんぜーく)。琉球王府御用達職人として、筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)の位を持っていたまたよしをはじめ、多くの金細工職人が守礼門近くで工房を構えていたと言われています。

筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)の位を持っていたまたよしをはじめ、多くの金細工職人が守礼門近くで工房を構えていたと言われています。

 

 

 



所有する主な資料

文献

・沖縄の樹木(天野哲夫著)

・樹木と木材の図鑑 日本の有用樹101(西山栄明)創元社

・葉っぱで見分ける琉球の樹木(小野聡著)他

・沖縄の植物染色

・資源図鑑(丹青社著)

【サンプル】

・沖縄県産材見本板30種類